Ryoのぶろぐ

基本自転車パーツのレビューを書いています。

「BIKE check」フォロワーさんの自転車を紹介!

今回はBIKEcheck第3弾です!

1台だけの紹介になりますが出来るだけ濃くブログを書くのでぜひ最後まで見ていってください!!

scott foil team issue 2016

f:id:RYO218:20210218202229j:plain

今回の主役です。

マットブラックに緑の差し色がとてと派手で目立ちますね!

緑と言ってもただの緑ではなく少し蛍光色な感じがします。

f:id:RYO218:20210218203050j:plain ↑ゲームの戦闘機みたいでカッコイイですね。

このフレームは見てわかるとおり従来よりエアロが強化されています。ヘッドチューブが後ろに伸びているのが分かりますね。

HMXカーボンを使っており剛性と軽量性が高く、スコットのIMPテクノロジーで945gのフレームと335gのフォークによりとても軽いエアロフレームになっています。

f:id:RYO218:20210218204326j:plain ホイールはmavic cosmic carbon 40Cでcontinental gp4000が付いています。

コンポーネントDURA-ACE 9070 &9100(ブレーキ)

妥協なしの本気の組み合わせですね…!

f:id:RYO218:20210218204732j:plain

ハンドルは一体型のsyncross RR1.0 。

セッティングは高すぎず低すぎずのハンドル位置 レースでもロングでもこなせるように間のポイントをチョイス(本当はステムベタ付けにしたかった)

こだわりはハンドルとステムを同メーカーで統一すること。 ホイールは絶対これでないといけないってくらいのお気に入りらしいです。

f:id:RYO218:20210219201738j:plain レースでもロングでも使える自転車がコンセプトなのでパンク修理も楽々のクリンチャー。レースでもしっかり走るホイール(ナイトレースで使用) 写真映が大事なので黒リム リムの耐熱性も〇

今後変えたいところは特に無いらしく、それくらい今この自転車は気に入っているそうです!

購入のきっかけとは?

この自転車の購入動機はscottのFOiLシリーズが大好きで先代のFOiLにずっと乗り続けてました。

特に好きにさせた理由がオリカグリーンエッジが使用するFOiLのカラーリングに引かれたからです。

f:id:RYO218:20210219202106j:plain 前から見ると黒基調の大人しい見た目でありながら後ろは緑と黄色のグラデーションが映えるデザイン。パッと見で一目惚れしてしまい結果的に同じカラーのフレームを3回に渡って乗り継いでしまいました。

そして2016年に現在乗っているモデルチェンジされたFOiLが発表されました。モデルチェンジチェンジ後はこの1台でチームカラーの変更もあり緑色のFOiLは発売されませんでした。

f:id:RYO218:20210219202208j:plain 1度はモデルチェンジされたFOiLに乗ってみたい。それも緑色の。そんな気持ちで購入に踏み切りました。

乗り味は?

乗り味は先代のFOiLに比べるとかなりレーシーな感じです。先代はどちらかと言えばヒルクライムバイクのような軽快感がありましたがこのFOiLは剛性感をとてもかんじます。

f:id:RYO218:20210219202739j:plain 踏めばグッと伸びるし安定感もあり乗ってて速い自転車だなって感じます。それでもホイールに良く転がるcosmic carbon40Cを入れているので踏まないと進まない自転車ではなく快適に巡航できるように仕上げてます。

少し貸してもらいました。

この自転車が完成してすぐに貸し出してもらいました!

乗ったすぐの感想といえばホイールからフレーム、ハンドルの一体感が強いと言ったとこでしょうか。

そして太めのダウンチューブとは思えないぐらい細く感じました。(細めのホイールということもある)

1番びっくりしたのは加速力ですね。ダンシングした時のスピードの乗り方もとても良いですし上りで勢いが無くなることもありませんでした。

良いことばっかり書いていますが本当に良い自転車なんです。笑

そしてカチカチだからロングライドは疲れるんじゃないの?と思っていたのですが振動吸収性能がとても優れていて疲れそうにないです。笑

乗っていて楽しい自転車だと思いました。ありがとうございました!

「BIKE check」フォロワーさんの自転車をご紹介!第2弾

フォロワーさんの自転車をご紹介する企画第2弾です!

最初は3,4人ぐらい提供してくれれば嬉しいなと思っていたんですがたくさんの人が提供してくれてびっくりしてます笑

紹介する自転車

YONEX CARBONEX HR

f:id:RYO218:20210129212003j:plain

これまたレアな自転車ですな!

自転車のブランドがあまり分からない人でも知っている人は多いと思います。

自転車を作ってたの?!って思う人もいるかも知れませんね。

f:id:RYO218:20210201095707j:plain

ホイールはカンパニョーロBORA ONEクリンチャー。タイヤはコンチネンタルGP5000。この組み合わせは定番になってきてますね。

コンポはSRAM RED Etapをメイン。

f:id:RYO218:20210201095807j:plain

クランクはデュラ9100でパイオニアのパワーメーターが付いてます。

スプロケ、ブレーキ、チェーンはR8000アルテグラ

f:id:RYO218:20210201095915j:plain

PROのLTステムにディズナアグリーハンドルバー405mmを装着。

f:id:RYO218:20210201100002j:plain

サドルは中華フルカーボン。 セッティングはフィッティングして頂いたのでそのまま運用中。

こだわりポイントはディズナのハンドル。固くてたわまないのでお気に入りとの事。

乗り心地は非常にカチカチでさすが高剛性モデルと言った感じです。 性格は素直なバイクで 癖もなく、非常に乗りやすく踏めば前へ出てくれる素晴らしいバイクです。

今後はシートポストをカーボンにしたいらしい。

この自転車を選んだ理由

自転車を始めたての頃に サイクルモードで試乗し感動したのがこのYONEXでした。 いつか手に入れたいと思ってたバイクだったので、手に入れる事ができて幸せです😌

TREK MADONE 4.7 (2011年)

f:id:RYO218:20210201105718j:plain

続いてはこちらのマドン。

もうなかなかこの年代の自転車は見れなくなっているんじゃないでしょうか?

新型のエアロロードもカッコイイですがこの年代ならではのカラーリングも派手で良いですねぇー。

f:id:RYO218:20210201125319j:plain

ホイールはFULCRUM RACING ZERO。タイヤはBRIDGESTONE R1X。

f:id:RYO218:20210202125223j:plain

3T ARX TEAMステムにPRIME DOYENNE AEROのハンドルが付いています。 個人的にこのハンドル気になっているんですよね〜。

XOSSが付いてますね!このサイコンは良いですよ〜。おすすめです。

f:id:RYO218:20210202125432j:plain

サドルはSHIMANO PRO TURNIXとprologo ZERO 2 PASで使い分けてます。

f:id:RYO218:20210204121321j:plain

コンポはシフター、RD、スプロケ、BB、チェーン、ブレーキが105の5700系。クランクは105 5800。FDは6800系 アルテグラです。

セッティングの思考は、ヒルクライム向きにセッティングしてます。 前乗りスタイルなので、サドルも前の方まで詰めてます。

f:id:RYO218:20210204130304j:plain

こだわりポイントは、フレームカラーを統一する事と、エアロにするところはエアロにして、細身にするところは細く、とメリハリをつけてる所です。 赤白黒と色の配色が難しいそうで、パーツ選びにはかなり時間がかかったそうです。

f:id:RYO218:20210204130455j:plain

乗り味は、踏んだらよく進んでくれると思います。 乗り心地は少し硬いなと感じます。

今後変えたいところは、コンポーネントを1式変える事。クランク以外全て6800系アルテグラで組んで、クランクをR8000という組み合わせで最軽量を目指したいそうです。 カーボンホイールを導入して、平地とヒルクライムで使い分けもしたいなと思っているそうです。ローハイトのカーボンリムが似合いそうですね。

f:id:RYO218:20210204130749j:plain

この自転車を選んだ理由

MTBでロングライドに行っていた頃に、しんどさを感じてロードを買うと決めた時、TREKに一目惚れしました。 たまたま知り合いの方が、このMADONE4.7を持っていて、乗ってないので安く譲って貰いました。

SPECIALIZED Allez Sprint Comp

f:id:RYO218:20210217083410j:plain

最後は大人気のアレスプです。

やっぱり速いですよねこの自転車。

この自転車の特徴はスペシャライズドが特許を取得している溶接方法「ダルージオ・スマートウェルド」を使用している所でしょうか。

簡単に言えば特殊な溶接をして軽くしてるヨって感じですね。

f:id:RYO218:20210217085516j:plain

ホイールはRS010で半フリー側に結線をしています。シフトレバー、フロントディレーラー、リアディレーラーはデュラエース 。 クランクはfsaゴッサマー。 タイヤはスペシャライズドコットンターボ。

※画像とは仕様が異なります。

f:id:RYO218:20210217091611j:plain

ハンドルがDEDA zero100でステムがTOKEN MTX。サドルも大人気のアリオネ。

こだわりはお金かけないこと。

実際かなり安く仕上がっていると思います。

f:id:RYO218:20210217120032j:plain

今後変えるパーツは手組ホイールでかなり仕上がってきています。あとカーボンクランクにするようです。

この自転車を選んだ理由

海外レビューがよくて安く買えたから。

次回はスコットの紹介になりそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございました😆

「BIKE check」フォロワーさんの自転車をご紹介!!

いきなりですが今回はフォロワーさんの自転車をご紹介するブログです!

私が言える立場では無いかもしれませんが
次期フレームや自転車の参考にしてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介する自転車

LOOK 795 BLADE RS

f:id:RYO218:20210127221108j:plain

いきなりヤバいロードバイクの登場です笑

パーツ構成がとても整っていてシブいですねぇ

乗っている方も競技勢でとても速くてピッタリの機材だと思います。

この自転車にしたきっかけはヤフオクで新品28万だったかららしいです。 (定価45万ぐらい)

この自転車の足周りはカンパニョーロのBORA ONE 50にビットリアCORSA TUを履かせてあるのが特徴です。

ハンドル周りはLook Aero Design STEM にシマノのVibe Aeroの組み合わせ。

f:id:RYO218:20210127223908j:plain

コンポーネントはDi2でShimanoのパワーメーターが付いています。

サドルはPlologo Scratchが付いていて全体的なセッティングとしては前乗り尚且つ落差を出しているそうです。

今後は少しずつDura-Ace化をするらしいです。

f:id:RYO218:20210127224013j:plain

乗り味は

柔らかめなのでレース等でも後半脚が残って戦略の幅が広がる 結構重量があるから登りはしんどいそうです。

CANYON Endurace AL

f:id:RYO218:20210128083234j:plain

続いてはこちらのロードバイク

黒リムローハイトがとても似合っていますね。赤黒のロードバイクってめちゃくちゃかっこいいですね笑

購入理由はなるべく被らない物を探していたから。予算内でスペックが1番良かったかららしいです。

f:id:RYO218:20210128084307j:plain

vision trimax25kbのホイールにIRC Formula Pro TUBELESSのタイヤが付いています。

コンポーネントシマノ105 R7000。

f:id:RYO218:20210128084903j:plain

ハンドルはDIXNA J-Fit moreの360mm。

ステムはワンバイエス スージーステム

サドルはプロロゴ ディメンションNDRが付いていてポジションはショートサドルで前乗りを快適に。エンデュランスモデルによくあるアップライトなポジションをステムで調整。

こだわりは赤黒で統一されているところ。

(かっこいい)

今後は170mmクランクとバーテープの交換をしたいそうです。

チューブレスの効果で乗り心地よし。フレーム剛性は柔らかめ〜普通。ホイールも軽量な割に平地もいける。サイクリングやレースなら普通に使えるそうです。

Bianchi ARIA 2020 Disc

f:id:RYO218:20210128123558j:plain

最後にチェレステが目立つBianchiです。

オーナーの方は小学校で水泳、中高で陸上長距離をやっていてロードバイクが好きだから大学でトライアスロンやるかぁと考えていました。高校2年の時からクラリス組みのアルミエントリーは持っていたが、やるなら良いものを、エアロなカーボンフレームを、と思い購入。あと綺麗なチェレステに惹かれたのも理由。

f:id:RYO218:20210129123400j:plain

fulcrum racing 6 dbのホイールにSpecialized Turbo Cotton 26cを装着。

サドルはShimanoPRO Aerofuel。 コンポーネントはr7000。

セッティングはオーナー曰く前モモが貧弱なのでハムをがっつり使いたいとの事でサドルは後ろ目にセット。

f:id:RYO218:20210129125309j:plain

Bianchiといえばユンボヴィスマということなので飴サイドタイヤ。 ウェア、シューズ、ヘルメットも黄色です。ボトルもチームカラー。

今後は新型デュラエースの60ミリハイトくらいのクリンチャーホイールが出たら買う予定。 肩幅せませまなのでハンドルは380ミリ、ステムはカーボンで110ミリ前後の何かしらを購入する予定。メトロン5dに憧れているが合うサイズがない😢 コンポは現状割と満足してるとのこと。

f:id:RYO218:20210129125348j:plain

乗り味はオーナー様が詳しく教えてくれたので原文でどうぞ!

ARIAのオーナー様>

乗り味はクセが少なく初心者の自分でも扱いやすいバイクと感じてます。縦剛性が強めで振動吸収性はあんまりかな... あとカーボンなだけあってスプリントや上りもある程度はできるけど、やはり平坦での35km/h以上の巡行がしやすく、多少の向かい風は気にならんところがたまらんです。

最後に

今回はこの3台をご紹介させて頂きました!!

提供してくださったオーナー様ありがとうございました!!

まだまだ紹介しきれていないので第2弾も近々公開予定です。

お楽しみに!!

「K-EDGE」片持ちマウントのレビュー

f:id:RYO218:20210108102301j:plain

あけましておめでとうございます。

今の時期は寒くてロードに乗る気が下がりますね〜

でも今の時期に乗ると夏のシーズンに周りと差がつけられるのでしっかり乗りましょう!

目次

商品の紹介

今まで中華の片持ちマウントだったので新しいマウントを買うことにしました!

K-EDGE片持ちマウント

f:id:RYO218:20210107092855j:plain

(定価3600円)

このマウントはUSAのものでプロツアーの選手も愛用しているブランドです。

本体はCNC削り出しでがっちりしています。

サイコンを取り外す時などにがっちりした剛性を感じます。

取り付け方

このマウントは3mmの六角を二本でしめします。

地面と水平に付けるとステムの下側にサイコンがくるようになっていて横から見た時に目立ちにくくなっています。

f:id:RYO218:20210112084936j:plain

使ってみた感想

f:id:RYO218:20210112111414j:plain

付けてしばらく走ってきました。

今までの位置よりサイコンが低いので少し見ずらいと感じました。

しかしサイコンのボタン操作をする時全くしならないのでとても操作しやすかったです。

これはなかなかいいぞぉ〜

最後に

最後に余談ですがこのマウントはクランプの幅が太いのでステムギリギリまで扁平になっているハンドルには付けられないと思います。

f:id:RYO218:20210114144812j:plain

そして別売りでGoProやライトを取り付けるマウントがあります。 (2000円くらい…)

f:id:RYO218:20210114150513j:plain

このマウント以外にもチェーンキャチャーなどあるので気になった方は下のリンクから!

メーターマウント | RIOGRANDE

XOSS G+をしばらく使ってみて

今回のブログは中華サイコンのXOSS G+をしばらく使ってみて思ったことや気づいた事を書いていきます。

f:id:RYO218:20201030211824j:plain

最後まで見てくれると嬉しく思います!!

目次

おさらい

まずおさらいとして軽く機能を紹介していきます。

今回は本体のみの購入ですがケイデンス、心拍を図ることも出来ます。

バックライトも付いていて、専用のアプリと接続すると自分好みの設定ができストラバに記録をアップロードすることも出来ます!

GPS受信速度と機能

XOSSが私の人生初のGPSサイコンだったのでGARMINなどと比較は出来ませんが、GPS受信が少し遅いと思います。

f:id:RYO218:20201030212230j:plain (GPS受信中)

長い時は1分待たされることも

(中華クオリティ)

速い時は10秒ぐらいで繋がることもあります。

便利なのが自動停止機能や自動バックライトがついてることですね。

f:id:RYO218:20201030212427j:plain

この値段帯でこれは嬉しい!

あと音がなりますね(適当)

専用のアプリでストラバにアップロード出来るのですがこれがまたコツがいるんですね〜|ω・)

前回のブログで初めてGPSサイコンを使う人におすすめ出来ると書いたのですがここら辺は少し難しいと思いました。

使いにくいところ

あと個人的な意見なのですが記録の表示が少し見ずらいと思いました。

理由はスピード、アベレージ、MAXスピードが一気に見れないからです。

f:id:RYO218:20201030212849j:plain (現在スピード、心拍、ケイデンス)

このようにAVGが気になったら走行中ボタンを押さないといけません。

f:id:RYO218:20201030213033j:plain (右のボタンを押すと全てのAVGを表示出来る)

これが少しめんどくさいと感じました。

まとめ

最後にまとめると「期待しない方がいい」ですね。

悪くは無いのですが決して良いとは言えないんですよね〜

例えばGARMINなどのサイコンからXOSSを使うとストレスが溜まると思います。

f:id:RYO218:20201030214017j:plain

スピードセンサーなどを外してスッキリさせたい方や極力お金を使いたくない人向けです。

性能を簡単に表すと→ ★★★☆☆

こんな感じですね。 コスパは良いけど残念なところがある… 中華らしさが出ているサイコンでした。

最後まで見ていただきありがとうございます!!

中華カーボンホイールIngrevelのレビュー

f:id:RYO218:20200713200420j:plain こんちは ryoです。(´・д・`)

さて、今回は中華カーボンホイールを購入したのでそれのレビューになります。 皆さんは欲しいホイールなどはありますか?ヒルクライム用の軽量ホイールや高速巡航用のディープホイール色々あって悩みますよね(`・ω・´) f:id:RYO218:20200713200734j:plain しかしカーボンホイールなどは数十万円を軽く超える高級品です…諦める方も多いと思います。 そんな中、5万円ぐらいで手に入るカーボンホイールが存在します。それが''中華カーボンホイール''です。 前置きが長くなりましたが今回の主役の登場です! f:id:RYO218:20200713201148j:plain Ingrever(イングレイヴェル)です!!

注文して到着予定日の2週間前に届きました。 f:id:RYO218:20200713201721j:plain ↑中華にしてはなかなか綺麗

中身はホイールが袋に包まれていて付属品が別々に入っていました。 f:id:RYO218:20200713201936j:plain ・予備のスポーク×2 ・予備のニップル×4 ・バルブエクステンダー×2 ・ブレーキシュー×4 ・クイックリリース前後1セット

それではホイールのパーツを見ていきましょう。 f:id:RYO218:20200713202516j:plain リムは3Kマットの50mmハイトクリンチャーです。 素材は東レ700、リム面にはバサルト加工がしてあります。 f:id:RYO218:20200713202710j:plain ハブはNOVATEC A271SB スポークはPillar PSR Aero ニップルは不明です。(´・ω・`) 総重量約1600g ワイドリムとはいえ重めですね。

いざ試走!!! f:id:RYO218:20200713203236j:plain なんだこれ(゜д゜) 初めてのディープホイールということもあり剛性と走りやすさに驚きました笑 スピードは落ちにくいし踏めばグイグイ加速する。不思議な感覚です。 ブレーキ時の音もシュルシュルと独特の音で周りの人の視線が刺さります。(/ω\*)

まとめ 初めての中華カーボンホイールだったのでいろいろ不安だったけど予想をはるかに超える品質と性能でした!性能はどうしても高級ホイールには劣るでしょうが4万円でこの見た目と性能はコスパ最強と言えるでしょう。問題点をあげるとするなら付属のブレーキシューですね。すぐに削れてきました笑 f:id:RYO218:20200713204306j:plain ↑溝に粉が入っとる! 早めにDT SWISSのブレーキシューを購入しようかな?

購入して少ししか走れていないので耐久性はまだ分からないので様子を見ていこうと思います。

楕円チェーンリングのレビュー

どうも〜RYOでーす。最近雨続きで外に走りに行けなくて萎えますね〜(´・_・`)

しかし、天気予報を見ると曇りが続いていづれ晴れるようです!

今回は楕円リングの紹介&レビューです!!

f:id:RYO218:20200714191727j:plain

目次

楕円チェーンリングって何?

まず楕円チェーンリングとは何か画像を使って説明していきます。

f:id:RYO218:20200714192630j:plain 赤:力が入る 青:力が抜ける 緑:クランク

わかりにくいかもしれませんがクランクの1時から4時のところで力が入り、5時から8時の間で力が抜けるようになります。

これにより無駄なく効率良くペダリングが出来るようになってるんですな〜(^-^)

楕円リングが向いているライダー

楕円リングの特徴が分かったところでどんな人に向いているのか自分なりにご紹介していきます。

  1. ペダリングが上手くできない

自転車を速く楽に走らせるにはペダリングが大切です。ですが綺麗なペダリングといってもしっくりきませんよね(o_o)

ですが楕円リングはペダリングの矯正器とも言われており綺麗なペダリングが自然と身につくと言われています!!

2.足(膝)に何らかの問題点がある

楕円リングはペダリング効率をあげるだけでなく膝の痛みを軽減する効果があります。

f:id:RYO218:20200714205057j:plain

この自転車はクリス・フルーム選手のF12です。 見てわかるとうり楕円リングが付いていますね! これはフルーム選手の足の割合が左右均等ではないからだと言われています。

このように足に何らかの癖などがある方にもおすすめ出来ます!

オススメのメーカー(ブランド)

ここまで楕円リングの特徴を書いてきました。

でも何を買えば良いのか分からない方に紹介していきます

ROTOR Q-RINGS(ローターキューリングス)

f:id:RYO218:20200714210403j:plain

ダイナミックなエアロ形状が目立つ有名なブランドです。

楕円リングが初めての方や膝を痛めている方にとてもおすすめ出来ます!

その他にもチェーンキッカーやクランクなども出しています。

ROTORのホームページ↓

http://www.diatechproducts.com/rotor/index.html

まとめ

楕円チェーンリングについて手短に書いてきましたが僕自身使ってみた感想は

「しっくりくる」

でしたね笑

色んなサイトを見て自分に合うか不安でしたがその場のノリで買って付けていざ走ってみると違和感なく走れたんですよね〜 (合う合わないはあります)

しかし楕円リングは5時あたりから力が抜けるのでスプリントは少しやりにくくなった感がありました。

今は買って良かったなと思ってます(^.^)

試しに買ってみるのもいいかもしれませんね笑

ここまで読んでいただきありがとうございました─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ